経験者やプロに聞く!着物を高く買い取ってもらうコツ!

まずは着物の保存状態をチェック


もう使わなくなった着物を買い取って欲しいとお考えの方は多いのではないでしょうか。ではどうすれば少しでも高く着物を買い取ってもらえるのか、そのコツをご紹介したいと思います。
まずは着物の保存状態を確認してください。当然のことながら、新品や未着用、着用回数が少ないものほど査定が高額となります。目安として、発売から十年以内の物なら高額買い取りが期待できます。ただし十年以上の着物でも、有名作家の作品であれば高額査定の対象になります。
着物にシミや汚れ、虫食いなどがあると、査定額は低くなってしまいますので、普段からのお手入れにご注意ください。特に絹で織られた着物はきちんと保管していたつもりでも経年劣化を起こしてしまいます。裏地や細工に変色がないか確かめてください。

材質や産地、そして専門家による査定が重要です


他にも高額査定へと繋がる要因に『生地の材質』、『サイズ』、『産地』などがあります。
材質が正絹(しょうけん)でないと高額査定は見込めず、ウールや化学繊維の着物は査定額が低くなってしまいます。正絹の着物には絹の重量を示す匁(もんめ)という基準があり、これが大きいほど高額の査定となります。またサイズが小さすぎたり、特殊なサイズの着物は買い手がつきにくいので、買い取り価格は低くなってしまいます。加賀友禅、京友禅、丹波布など、産地によって買い取り額は高まりますが、人気のない色や柄の着物の場合、査定額は下がってしまいます。
言わずもがな、信頼の置ける専門的な買い取り店に査定を依頼するのが最も重要です。着物の価値をちゃんと見極めてくれるお店を選びましょう。