着物はどのくらいの値段になるの?

着物買取の様々な手段を考える


大切な行事の時などに欠かせない着物。しかし普段は着る機会も少なく、タンスの肥やしとなっている場合も多いです。着ることのなくなったものをただ処分するのはもったいないので、着物を「売る」ことを検討してみましょう。
着物を売るにはいくつかの手段があります。個人でオークションに出したり、フリーマーケットやリサイクルショップに依頼する。こうした旧来の手段に加えて、近年ではインターネットを通じて着物の買取を行ってくれる業者が存在します。こうした業者は着物を専門に扱っているので丁寧に管理してくれ、出張査定、買取なども行ってくれる点で便利なものとなっています。また、買取査定も高値を付けてくれる場合もあり、安心して頼める可能性が高いのです。

着物の買取相場と損をしない業者の選び方とは


それでは買取の金額は大体どれくらいになるのでしょうか。旧来のオークションやリサイクルショップに売りに出す、という手段では、何千円というお金にしかならない事も多いです。しかし、こうした専門業者では丁寧に査定してくれるので、3万円から10万円程度が相場となり、着物によっては20万円以上の高値が付く場合もあります。
それでは次に、着物買取で損をしないやり方を考えてみましょう。基本的に複数の業者に依頼するのが得策です。また、ムダな費用をかけないように、無料で査定を行ってくれる業者を探しましょう。そのようにして複数の業者に依頼してみて、一番高値を付けてくれるところに売る、というのが一番賢いやり方となります。業者の中でも、様々な面で丁寧に査定をしてくれるところはその分買取金額も高くなります。